日本語から英語、英語から日本語への翻訳を承ります→詳しくはこちら

翻訳は文化の違いから言葉を省いたり、加えたりする

翻訳は文化の違いから言葉を省いたり、加えたりする
竜自在/ Articulated model of a dragon
高石重義 江戸時代後期、ボストン美術館
Gift of Mrs. W. Donnison Hodges, 63.628
Photograph © 2014 Museum of Fine Arts, Boston.

弊誌では、「Topics & Events」コーナーを設けています。今回は、「東京ワンピースタワー」「クラッシック音楽とさくらの祭典」などを紹介しています。その一つ、「美術で見る日本の近代化」の中に「19世紀後半における日本の絵画、工芸、写真など約150点が楽しめる」という文章があります。

これは英文で次のように紹介しています。「Visitors can enjoy approximately 150 works of the late 19th century Japanese paintings, artifacts and photographs」。この中で日本語にあって英語にないものは、「~など」です。日本語では「など」はよく使われ、etc. やand so onと訳されることが多いです。しかし、ネイティブの英文ではほとんど使いません。

日本のあいまい文化を象徴するような表現の「など」は、明快さを求める英語では違和感があるようです。どうしても必要な場合もありますが、その場合には、including, and othersやand suchなどと訳され、etc. やand so onはめったに使われません。「など」が何を指しているのかにより英訳は異なります。

逆に、日本文になくて英文で付け加えられているのがvisitorsです。日本語では、主語が誰のことかわかりきっている場合は省略して表現します(この場合はvisitors)。しかし、英語ではどんな時も省略しません。

このように、翻訳では言葉通りに訳すのではなく、互いの文化を考慮して訳すのが一般的です。