日本語から英語、英語から日本語への翻訳を承ります→詳しくはこちら

英語の数字の読み方は日本語と違う

英語の数字の読み方は日本語と違う

「日本語TPO」で「混乱を招きやすい日本独特の慣習」を紹介しています。その中で数字についても述べています。日本語で1万円は英語で10 thousand(⒑千)です。これは、英語では「万」の単位がないからです。

日本語では一、十、百、千、万の5桁まで呼称がありますが、英語の呼称は千までの4桁しかありません。それで、1万を10千と呼びます。英語ではthousandの次の4桁目の呼称は、million(1,000,000)で、日本語では百万です。これをみてすぐに百万とわかる人はくあまりいないでしょう。しかし、カンマの位置を100,0000のように4桁づつにすればわかりやすいと思います。

Millionの次の4桁目の呼称はbillion (1,000,000,000) ですが、日本語では10億 (10,0000,0000)です。billionの次の4桁目の呼称はtrillion (1,000,000,000)。日本語では1兆 (1,0000,0000,0000)です。1 trillionはカンマが3回目、1兆円はカンマが4回目ですが、呼称の位置が重なるのでわかりわかりやすいでね。数字は3桁ごとにカンマがつけられる慣習があるので、英語の方が合理的といえるでしょう。

外国人は日本の数字の読み方にも混乱しているようです。十円、百円、千円と呼ぶのに、なぜ「万」では1をつけて1万円と呼ぶのかという疑問も持ちます。万、億、兆には1をつけますが、「千」以下にはつかないことは不合理に思えるようです。

英語にも合理的でない部分はあります。日本語では、10 (じゅう)、11 (じゅういち)、12 (じゅうに)、13 (じゅうさん)、14 ( じゅうし) のように、じゅう+いち、じゅう+に、と「じゅう」のあとに数字を加えるだけです。しかし英語では、One teen, two teen, three teenといえばわかりやすいのですが、なぜかイレブン、トエルブ、サーティーンのように呼びます。