日本語から英語、英語から日本語への翻訳を承ります→詳しくはこちら

「落語」を英語でどう言うの?

「落語」を英語でどう言うの?

弊誌では、ユニークな人物や会社を紹介するページ「Japan Profile」があります。12月号は英語落語で知られる桂かい枝さんです。かい枝さんは17ヵ国、97都市で300回を超える講演を成功させています。

そもそも「落語」を英語でどう言うのだろうか。そのままrakugo と訳してある文もよく見かけます。確かに、10月号で紹介した(英語になった日本語)ように、Kimonoやkabukiのように多くの日本文化に関する言葉は英語に取り入れられています。残念ながらrakugoはまだそこまで至っていないようです。訳者により異なりますが、今回の記事ではcomic storytellingとしています。

三修社が発行する日本の文化・観光・歴史辞典でもcomic storytelling とあり、そこには落語が次のように説明されています。
Rakugo is a traditional Japanese style comic story ending in joke [with a punch line] (ochi) performed by a single storyteller (hanashika) who is sitting on a cushion on stage. He tells a comic story by making puns (dajare), distinguishing between different roles by facing one way and another.

落語にはたくさんのダジャレが出てきます。日本語には同音異義の言葉が多くとてもつくりやすいことから、日本語学習者は好んで使いたがります(2009年11月号で「だじゃれの好きなアメリカ人」参照)。

英語でダジャレはpunといいます。外国人との会話であまりpunを聞くことはありませんが、こんなpunがあります。デートに誘われたときの女性の言葉。“I can’t go because I have to.” この後にwork が続くと思わせますが、実はI have two, つまり、two boyfriendsがいるので行けないという意味が含まれています。