多くの英単語が日本語として使われている


周囲を見渡してください。ほとんどの物の名前に英語が使われていることに気づくでしょう。単独で使われない場合には日本語と併用して使われています。たとえば、体。体はボディーで、上からヘッド、ヘア、アイ、イヤー、ネック、ハンド、アーム、ウエスト、フット…。身に着けるものでは、スーツ、ドレス、スカート、ジーンズ、パンツ、ウオッチ、ハンドバッグ、シューズ、ブーツ…ほとんど英語です。

家はハウスも使われ、ウインドー、カーテン、フロアー、テーブル、ランプ、カーなど日常では多くの多くの英単語が使われています。日本語化した、いわゆるカタカナ語は現在m3,000とも3,500ともいわれています。しかも今後もますます増え、これまで使われてきた日本語にとって代わられると予想されています。

例えば、背広。今ではスーツが一般的です。ズボンはパンツのように、英単語が主流です。半世紀前ごろまでは、コンピューターは電子計算機と言われていました。かつて、タイガース(グループサウンズ)の「真珠の首飾り」が大ヒットしましたが、今ではネックレスが一般的で、首飾りという人はいないでしょう。

英単語が日本の言葉と共通になれば、日本語学習で単語を覚える負担は軽くなります。これは英語学習についても同じことが言えます。また、英語で日本語を教える教師にも好都合と言えるでしょう。かつて漢字を日本語に取り入れたように、英単語はもはや日本語の一部として使用されています。



英語で日本語の教え方がわかる!
実用新案に登録された超ユニークなテキストマガジン
100ヶ国以上の日本語学習者が活用


■Hiragana Timesについて