混乱しそうな「ブランド」の話

日本企業のブランドは信頼できる製品として世界に知られています。しかし、世界的なブランドを構築した企業の裏には知られざる物語があります。Hiragana Timesでは、世界的な日本の企業を取材し、「ブランド物語」として毎月掲載しています。

11月号では、「朱肉のいらないはんこの代名詞『シヤチハタ』」の見出しでシヤチハタ(株)を紹介しています。みんさんご存知かもしれませんが、「シャチハタ」ではありません。商品名はシャチハタと呼びますが、会社名は「ヤ」が小文字ではなくシヤチハタと普通の文字になります。英語ではShachihataと綴ります。

このように表記と読み方がことなる会社は他にもあります。キヤノン (キャノン) →Canon, キユーピー (キューピー) → Kewpie, 富士フイルム (富士フィルム) → Fujifilmなどです。近年は、ブランド名と商品名を一致させる企業が増えています。電化製品メーカーの松下産業の「ナショナル」は、国民的に知られたブランドでした。しかしグローバル化に対応して、2008年に社名を変え、ブランド名のパナソニックに統一しています。

日本では「ブランド」というと、一般的にルイビトンやシャネルなどの有名な高級品を指すことが多いですが、本来は銘柄を意味する言葉です。英語で「brando products」といっても、理解してもらえないでしょう。このような有名なブランドは、designers’ brandと呼ばれます。

話は少しそれますが、ステージ名などにも変わった名前もあります。たとえば、「モーニング娘」は正式には名前の後に「。」を付けて「モーニング娘。」のように表記きします。英語の表記はどうすべきか、翻訳者泣かせの表記です。

201411※Hiragana Times 2014年11月号の記事から引用

<対訳文抜粋>

 

“Shachihata” a Byword for Seals that Require no Ink
朱肉のいらないはんこの代名詞「シヤチハタ」

Outside Japan, important documents such as contracts and certificates are generally signed by the relevant parties. In Japan, a seal rather than a signature is called for in such situations. A seal has the same power as signature to guarantee the authenticity of the individual or the corporation. Seals for corporations are square-shaped and for individuals, round-shaped. They are stamped on documents in red ink. For individuals, there are ready-made “stamps” in addition to made-to-order seals.

契約書や証明書などの大事な書類を取り交わすとき、海外ではそれに関わった人がサインをするのが一般的です。同じような場面で、日本ではサインよりも印鑑を求められます。印鑑はサインと同様に個人や法人を証明する力をもっています。印鑑は会社用の角印と個人用の丸印とがあり、朱色のインクを付けて書類に押します。個人用には注文して作るものの他、出来合いの「はんこ」もあります。


Editor in Chief

Editor in Chief

Hiragana Times