ローマ字を日本語のグローバル文字に

英語が国際語としてますます拡大しています。今や、コーヒー、デスク、ヘアーなど多くの単語が日常生活で日本語として使われています。半世紀ほど前にはカラーの映画は天然色映画、カメラは写真機、コンピュ―ターは電子計算機といわれていました。多くの言葉が英語にとってかわられています。

一方では外国人の日本語学習者は増えていますが、非漢字圏の学習者にとっては、話言葉はともかく、ひらがな、カタカナ、漢字がある文字には苦労しているようです。Hiragana Timesは一方では、日本語を学習している外国人との交流のために、ローマ字と英語を組み合わせたGlomaji (Global romji)を日本語国際文字として使用する新しい試みもしています。

Glomajiの主な特徴は次のとおりです。

  1.  ローマ字入力で正しく変換できるローマ字のスペルを使用する。
  2. カタカナ語は日本語学習者が理解しづらいので、英語を使用する(例:コーヒーはko-hi-ではなくcoffee)
  3. 文の最初は大文字にするなど、文字に関するルールは英語にならう。

*現在、ひらがなタイムズの記事の一部で併記しています。Glomajiの実験的サイトも立ち上げています(www.glomaji.com)。

11月号では、「ローマ字は、国際文字の役割を果たせるか?」という題名で、ローマ字の可能性について述べています。日本語の表現の一つとしてローマ字の普及が困難であれば、カタカナをやめ英語をそのまま使用してはどうだろうか。日本語が乱れるとの反対意見もあるでしょう。

しかし考えてみれば、漢字はそのまま取り入れているのです。カタカナのかわりに、英単語が取り入れれば、日本語学習者の混乱を避けられ、日本人の英語学習にも役立つのではないでしょうか。

201411Hiragana Times 2014年11月号の記事から引用

<対訳文抜粋>

 

Does Romaji Have a Role to Play as an International Script?
ローマ字は国際文字の役割を果たせるか?

In addition to hiragana, katakana and kanji characters, Japanese also has romaji script. Simply put, romaji expresses hiragana with the alphabet. Since the sound of the Japanese spoken language is represented with the alphabet, as long as they are familiar with the alphabet, those who know absolutely nothing about Japanese can read it.

日本語にはひらがな、カタカナ、漢字に加え、ローマ字もあります。一言で いえば、ローマ字はひらがなをアルファベットで表します。日本語の話し言葉の音をアルファベットで表しているので、アルファベットを知っていれば、日本語を全く知らない人も読めます。


Editor in Chief

Editor in Chief

Hiragana Times

  • disqus_aXBlvx1apS

    ローマ字(笑)ってなんのためにあるの?
    昔からそうだけど、かな入力ができない者がいて、先生がそれじゃローマ字でもやるかと・・・
    商業ではかなり落ちこぼれの学生がやってましたね。だから、みーんな心の底ではローマ字入力をばかにしてます。だって、かな入力できるってことは英文入力できるし、当然ローマ字入力もできるからばかばかしいのがわかるんだよね。
    高校生でパソコンききにくるやつにグーグルを検索してくださいというと。 gu-guru とか、パスワードをに有力してくださいって言うと pasuwaado とかうつんだよ。それで、英語勉強したいと。
    日本の教育、どこかで間違ったよね。
    ローマ字なんて何に使うの、アメリカで長いこと仕事したけど、英語うつのにローマ字って・・・

    理解できない。バカすぎでしょ。