敬語を使った言葉を英語でどう表現するの?

[英語の現場からレポート]
2016年2月号の記事より引用

日本語には敬語があります。言葉の前に「お」や「ご」をつけるだけでなく、「おっしゃるとおりです」など、敬語にはさまざまな言いまわしがあります。これらの複雑な表現は、日本語学習者にとって漢字と共に最も難しい分野のようです。

Hiragana Times February issueの “business etiquette” seriesは、間違いやすい敬語表現 (Honorific Expressions Easily Mistaken) を紹介しています。お客から上司の鈴木課長に電話がありました。あいにく鈴木課長は外出中でした。さあ、あなたはように応答しますか。

この場合、「鈴木課長はただ今、出かけていらっしゃいます」ではなく、「鈴木はただ今、出かけております」が適切です。相手がお客、上司、同僚、身内など話す相手により、日本語の表現は異なります。これは日本語学習者を混乱させます。これらの違いは英語で表現することはできません。実際、翻訳すれば同じと言ってよいでしょう。

外国人との交流では、英語と日本語の構造や文化の違いを理解する必要があります。以前、中国系アメリカ人の編集スタッフがいました。彼は日本語を熱心に学んでいたため、できるだけ日本語で話すようにしていました。たどたどしい日本語でしたが、何を言いたいかは理解できました。あるとき彼は取材先に電話しました。日本人が電話を取ったようでした。

彼は、「スティーブ、いるか?」と言いました。私は電話を切った後に、そんな言い方をしたらとても失礼だと教えました。彼は、「日本人は、ささいなことを気にしすぎですよ。表現より話す中身の方が大切ですよ」と、気にかけていないようでした。それ以来、彼には取材は依頼しませんが、数年も経たないうちに彼の日本語はべらべらになっていました。


Editor in Chief

Editor in Chief

Hiragana Times