英語の数字の読み方は日本語と違う

「日本語TPO」で「混乱を招きやすい日本独特の慣習」を紹介しています。その中で数字についても述べています。日本語で1万円は英語で10 thousand(⒑千)です。これは、英語では「万」の単位がないからです。

日本語では一、十、百、千、万の5桁まで呼称がありますが、英語の呼称は千までの4桁しかありません。それで、1万を10千と呼びます。英語ではthousandの次の4桁目の呼称は、million(1,000,000)で、日本語では百万です。これをみてすぐに百万とわかる人はくあまりいないでしょう。しかし、カンマの位置を100,0000のように4桁づつにすればわかりやすいと思います。

Millionの次の4桁目の呼称はbillion (1,000,000,000) ですが、日本語では10億 (10,0000,0000)です。billionの次の4桁目の呼称はtrillion (1,000,000,000)。日本語では1兆 (1,0000,0000,0000)です。1 trillionはカンマが3回目、1兆円はカンマが4回目ですが、呼称の位置が重なるのでわかりわかりやすいでね。数字は3桁ごとにカンマがつけられる慣習があるので、英語の方が合理的といえるでしょう。

外国人は日本の数字の読み方にも混乱しているようです。十円、百円、千円と呼ぶのに、なぜ「万」では1をつけて1万円と呼ぶのかという疑問も持ちます。万、億、兆には1をつけますが、「千」以下にはつかないことは不合理に思えるようです。

英語にも合理的でない部分はあります。日本語では、10 (じゅう)、11 (じゅういち)、12 (じゅうに)、13 (じゅうさん)、14 ( じゅうし) のように、じゅう+いち、じゅう+に、と「じゅう」のあとに数字を加えるだけです。しかし英語では、One teen, two teen, three teenといえばわかりやすいのですが、なぜかイレブン、トエルブ、サーティーンのように呼びます。

20150216※Hiragana Times 2015年3月号の記事から引用

<対訳文抜粋>

 

Confusion Over Japan’s Unique Customs
混乱を招きやすい日本独特の慣習

Also easy to confuse are units of money. As there is no equivalent word for the unit “man” in English, “one man yen” is equivalent to ten thousand yen. Similarly “one okuen” is equivalent to100 million yen.

また、混乱しやすいのはお金の単位です。英語では「万」の桁に対応する言葉がないため、「1万円」は10サウザンド(千)円に該当します。


Editor in Chief

Editor in Chief

Hiragana Times