「君が代」の英訳は?

[英語の現場からレポート]
2015年7月号の記事より引用

英語の辞書を調べても出ていないのが固有名詞。ひらがなタイムズでは地名、人名、会社名、ブランド名などの固有名詞を紹介しています。7月号では歴史に残る歌を紹介しています。「君が代」「さくら さくら」「荒城の月」「リンゴの唄」「上を向いて歩こう」「およげ! たいやきくん」の6つです。

日本の国歌「君が代」を直訳すれば、your era / generationとなるでしょう。しかし、戦前から「君が代」の「君」は天皇を解釈されてきました。つまり、「天皇の時代が永遠に続くように」という意味で、軍事的に利用されてきたとの見方があります。それで、“The Emperor’s Reign” と訳しています。Reignは治世という意味です。

坂本九が1961年に歌った「上を向いて歩こう」は大ヒットし、1963年には、アメリカのビルボードホット100で1位にランクされました。日本人が歌った曲がナンバーワンにランクされたのは、この曲だけです。

この歌の題名を訳せば、「Let’s Walk, Looking Up」のようになるでしょう。しかし、実際には「Sukiyaki」の題名で発売されました。当時のアメリカでは日本のことがあまり知られていなかったため、アメリカ人に人気のあった日本の料理名を使い親しみを持たせたと想像できます。現在なら、「Sushi」あるいは「Ramen」とつけられたかもしれません。韓国の歌なら「Kimuchi」「Yakiniku」ですかね。

「さくら さくら」の題名は、単に「さくら」と、繰り返さず紹介されてもいます。「ニホン」か「ニッポン」かも、どちらも間違いではありません。こういうことにこだわらないのも日本人の国民性といえるでしょう。


Editor in Chief

Editor in Chief

Hiragana Times