日本語での数え方は複雑

[英語で教えるJAPANese]

日本語学習者がお金の次に学ぶのは、お金に関連する数字でしょう。英語では,3桁ごとにカンマがふられ、4桁がごとに呼称が変わります(thousand, million, billion, trillion)。日本語でも3桁ごとにカンマがふられますが、呼称は5桁ごとにふられます(万、億、兆)。数字の4 は「し」と「よん」、7 は「なな」と「しち」の読み方があることも教えましょう。

日本語には、1、2、3のように数える他に、一つ、二つ、三つのような数え方もあります。さらに、数字の後に個、台、本、枚などをつける数え方の呼称(英語ではcounterと呼ばれます。)があります。これらは英語にはなく日本語独特のものですので、日本語学習者の混乱を招きます。しかし、日常生活では必要ですので十分に説明しましょう。

Counterの分類 (この他にも、件、軒、卓、羽などたくさんあります)。

小さな物 (small objects)
大きな物 (machines or cars)
紙など薄い物 (paper or shirts)
本(books)
びん (bottle)
飲食の器 (a cup of)
人数 (number of people)
年齢 (age of creatures)
小さな動物 (small animals)
大きな動物 (large animals)
回数 (number of times)
箇所 場所 (number of locations)

 

息抜きに数字の小話を入れると楽しいレッスンとなるでしょう。例えば。15日はイチゴの日、26日はフロの日などのダジャレ。あるいは、西洋では7がラッキーナンバー、13は不吉な番号とされますが、日本では末広がりの8が縁起良く、死を連想される4や苦しみを連想される9は不吉な番号とされることなどです。


Editor in Chief

Editor in Chief

Hiragana Times