英語で日本紹介

あなたは外国人に英語で今の日本を紹介できますか?

チャラチャラ英語よ、さようなら

2020年に東京オリンピックが、英語ブームが起きています。How are you? How do you do? が言えても、外国人と英語で対話ができる人は限られています。多少英語ができる人でも、「どんな食べ物が好きですか」「どんな映画が好きですか」など判で押したような質問をする人が多く、外国人は英語の練習台にされているようで内心では不快に感じています。

外国人の興味は日本について

外国人が望んでいるのは知的で楽しい会話です。月刊ひらがなタイムズは外国人向けの日本語学習誌を兼ねた日本紹介誌ですが、日英バイリンガル表記です。日本人とっては英語学習誌といえます。外国人が日本人との会話で興味を示すのは、今起きている日本の文化や出来事です。しかし、それを英語で説明できる人はほとんどいません。

言葉が通じても心は通じない

外国に滞在し、ある程度の英語ができる人でも必ずと言ってよいほど口にします。「日本のことをもっと勉強しておけばよかった」と。英語は単なるコミュニケーションの道具です。たとえ英語の検定試験で高得点を取ったとしても、話す内容がなければ何の役にも立ちません。逆に、あなたとの会話がはずめば、交流は深まりあなたの英語も上達します。

英語で外国人に教える日本学

ひらがなタイムズは、日本のありのままを世界の人に紹介する日英バイリンガル誌です。日本人にとっては、いわば「外国人に英語で教える日本学」です。掲載記事を外国人との会話のネタにすれば、話は弾み交流も深まります。このような活用もできることから、国家試験に合格した通訳案内士(通訳ガイド)が多数定期購読しています。

日本の実情と英語が学べる雑誌

英語の学習誌はたくさんありますが、その多くは映画や大統領の演説など、アメリカやイギリスの文化、出来事を題材に編集されています。近年は、日本に対する外国人の関心は極めて高くなっていますが、日本を多角的に紹介する日本発の本格的外国人向け英語月刊誌は見当たりません。ひらがなタイムズは、日本のさまざまな知識を得ながら英語学習もできる一石二鳥の雑誌です。

※デジタル版の記事(一部)は日英バイリンガルで音声も聞けます。

英語雑誌としてのひらがなタイムズの特色

日本人編集者による確かな日本情報

ひらがなタイムズの外国人編集者は事あるごとに、外国人に対して「この雑誌は日本人が編集している」と自慢しています。つまり、日本に少しの間滞在した外国人が日本の」表面だけを見て書いたものではなく、裏付けに基づいた実際の日本を記事にして提供しているという意味で、言っているのです。

ネイティブによる完璧な英文

原文が日本文の場合には日本語編集者が校正し、トップクラスの翻訳者が翻訳します。それをネイティブの編集者が、ネイティブが読んでも違和感がないように、言葉を選んで修正します。次に対訳校正者が日本語と英語が正しく合致しているかを確認します。さらにネイティブ校正者がスムーズな英語になっているかを確認します。

大学入試にも辞書の例文にも使用

厳しい品質管理を得て掲載されているため、毎年いくつかの大学の英語試験に掲載記事の一部が採用されています。また多くの大手教育出版社発行の入試問題集にも使用されています。また、有名なオンライン辞書の例文としても活用されています。デジタル版の英文は、現役のネイティブ英語アナウンサーにより録音されています。

詳しくはhttp://www.hiraganatimes.com/ja/about/

現在、ひらがなタイムズは100ヵ国以上で読まれています(日本人読者は約3割)。この機会に、真のグローバルマガジンで本物の英語力を身につけてください。

※ひらがなタイムズでは、毎週金曜日に国際交流パーティーを東京・新宿で開催しています。そちらにもぜひお越しください。
http://www.international-party.jp/ja/