国名の呼び方は英語だけではない

[英語の現場からレポート]
2015年5月号の記事より引用

ひらがなタイムズ5月号ではジョージア大使のインタビュー記事を掲載しています。地名で「ジョージア」と聞けば、多くの日本人はアメリカのジョージア州を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし取材した大使は、かつてソ連圏の国だったグルジアの大使です。実は、グルジアはこの4月から国名をジョージアに変更しました。

日本でなじみのあるジョージア出身者に力士の栃ノ心がいます。国際的には英語表記Georgiaで知られていることから、日本語での呼称をジョージアにすることを望んでいました。国名は国によって呼び方は異なります。たとえば、Britain。日本ではイギリス、あるいは英国と呼んでいます。日本語での正式名称は外務省が決めています。 (さらに…)

続きを読む

混乱しそうな「ブランド」の話

日本企業のブランドは信頼できる製品として世界に知られています。しかし、世界的なブランドを構築した企業の裏には知られざる物語があります。Hiragana Timesでは、世界的な日本の企業を取材し、「ブランド物語」として毎月掲載しています。

11月号では、「朱肉のいらないはんこの代名詞『シヤチハタ』」の見出しでシヤチハタ(株)を紹介しています。みんさんご存知かもしれませんが、「シャチハタ」ではありません。商品名はシャチハタと呼びますが、会社名は「ヤ」が小文字ではなくシヤチハタと普通の文字になります。英語ではShachihataと綴ります。

(さらに…)

続きを読む