「タレント」の英訳は?

[英語の現場からレポート]
2016年5月号の記事より引用

このところ芸能人や国会議員の不倫騒動がニュースになりました。Hiragana Times May issue の “Behind the Scene” (舞台の裏側) では、”The Japanese and Adultery” (日本人と不倫) について掲載しています。

芸能人はentertainerと訳されることが多いですが、英国人編集staffはcelebritiesと訳しています。Entertainerの概念が英語と日本語では少し違うようです。確かに、芸能人と言えばお笑いから歌、伝統芸能までバラエティに富んでいます。 (さらに…)

続きを読む

「変なホテル」の英語表記

[英語の現場からレポート]
2016年5月号の記事より引用

今、訪日観光客が急増しています。それに伴い新しいタイプの宿泊施設が登場しています。Hiragana TimesのMay issueでは、長崎県にあるテーマパークハウステンボス式敷地内にオープンした「変なホテル」を紹介しました。

テーマパークのテーマは英語から取り入れましたが、英語ではthemeで日本語の発音とは異なります。「変なホテル」はrobotがserviceする変わったhotelですが、「変わり続ける」というconceptから名付けられました。「変わり続ける」はcontinue to changeではなく、continuous evolutionと訳しています。Evolutionは「進化」です。つまり、進化し続けるという意味です。 (さらに…)

続きを読む

「中小企業の」はどう訳す?

[英語の現場からレポート]
2016年4月号の記事より引用

Hiragana Times April issueの “Close up Japan”は、”Foreign Workers Are Increasing in Japan” (日本で働く外国人は増えている)のheadlineで外国人の労働意識について紹介しました。

その中で中小企業についての記述が3ヵ所ありますが、「中小企業」の訳はそれぞれ異なっています。欧米には大企業に対して、「中」と「小」の企業を一緒にして「中小企業」とはっきり区切る概念がないようです。ですのでら、文章の意味合いで英語の訳は変わります。実際の例では次の通りです。 (さらに…)

続きを読む

英文は意図的にnuanceを変えて訳せる

[英語の現場からレポート]
2016年4月号の記事より引用

Hiragana TimesはApril Issueから“Casual Expressions”シリーズが始まりました。
日本語では、目上の人や見知らぬ人と友達同士での会話では話し方が違います。

“Shall we go to a movie tomorrow?”は、教科書などに掲載される標準的な丁寧な会話では、「明日、映画に行きませんか」のように訳されます。しかし友達同士の会話では、「明日、映画に行かない?」のように砕けた表現をします。日本語学習者は、友達にも教科書的な話し方をするので日本人には違和感があります。 (さらに…)

続きを読む

英単語は自然にみにつく時代に

[英語の現場からレポート]
2016年4月号の記事より引用

英語が日本語にどんどん入り込んでいます。Hiragana Times 4月号の “JAPANese Notes”では、サイズや色についで解説しています。

ブルーやグリーンなどは、今や青、緑と同じくらい使われています。ピンクは、一昔前までは桃色と言っていましたが、今ではピンクが日本語としても一般的です。オレンジも昔は橙(だいだい)と言っていましたが、今はオレンジです。近い将来、ほとんどの色の名前に、英語が使われるようになるでしょう。 (さらに…)

続きを読む

まんがで描く英語と日本語の発想の違い

[英語の現場からレポート]
2016年3月号の記事より引用

英語と日本語の発想による誤解はよくあります。Hiragana Timesの3月号のバイリンガル4コマまんがの題材にも使われています。

道に迷ったときに「ここはどこですか」とたずねますが、英語では「Where is here?」ではなく。「Where am I?」といいます。直訳すると、「私は、どこにいますか」になります。日本語では自分の視点から「この場所はどこですか」と聞きますが、英語では相手の立場に立ち、「私はどこにいますか」とたずねます。 (さらに…)

続きを読む

大使、大使夫人の表記は?

[英語の現場からレポート]
2016年2月号の記事より引用

Hiragana Timesは今年の10月号で創刊30年をむかえます。この間に中曽根元総理大臣から元大リーガーの野茂までさまざまな人々を取材してきました。現在、各国の大使(あるいは大使夫人)を主に紹介するspecial Interviewがあり、February Issueではレバノン共和国臨時代理大使を紹介しています。

これまでに100人ほどの大使、あるいは大使夫人を紹介してきましたが、臨時代理大使は初めてです。通常、「○○国日本大使」は、ambassador of xxxx to Japanと訳されます。臨時代理大使の正式英語名がないため、レバノン大使館からはフランス語による肩書が提案されました。しかし、フランス語では日英バイリンガルのHiragana Timesの趣旨にそぐいません。 (さらに…)

続きを読む

敬語を使った言葉を英語でどう表現するの?

[英語の現場からレポート]
2016年2月号の記事より引用

日本語には敬語があります。言葉の前に「お」や「ご」をつけるだけでなく、「おっしゃるとおりです」など、敬語にはさまざまな言いまわしがあります。これらの複雑な表現は、日本語学習者にとって漢字と共に最も難しい分野のようです。

Hiragana Times February issueの “business etiquette” seriesは、間違いやすい敬語表現 (Honorific Expressions Easily Mistaken) を紹介しています。お客から上司の鈴木課長に電話がありました。あいにく鈴木課長は外出中でした。さあ、あなたはように応答しますか。 (さらに…)

続きを読む

日本を紹介するバイリンガル4コマまんが

[英語の現場からレポート]
2016年2月号の記事より引用

外国人が日本に興味を持ったきっかけは圧倒的にまんがやアニメです。彼らは主人公などのセリフやactionをまねして覚えますが、それらのほとんどがはギャグや時代劇に登場する言葉です。日本語の学習にはあまり役立っていないようです。

Hiragana Times ではFebruary issue からbilingual 4コマまんが“Exploring JAPANese”の掲載を始めました。これは外国人が日本生活で体験すると思われるシーンを描いています。これは単に笑いをとるだけでなく、文化の違いや日本語と英語の違いを主に題材にしています。また、まんがに出てくるセリフから日本語(英語)の文型が学べるように工夫してあります。さらに、その文化背景を解説するsectionも設けました。 (さらに…)

続きを読む

日本語学習者が戸惑う英語のカタカナ表記

[英語の現場からレポート]
2016年1月号の記事より引用

外国人が日本語を学ぶ際に最も難しいと感じるのは漢字です。それをふまえてすべての記事の漢字にふりがなをつけているのがHiragana Timesの特徴の一つです。これは漢字に無縁のAlphabet userに大好評ですが、漢字圏の学習者にも喜ばれています。同じ漢字でも読み方が違うからです。

実は、カタカナも日本語学習者にとっては難しい文字なのです。今日ではHead, hair, eye, earなどの体の部分から、desk, chair, computer, printerまで多くの英語が日本語、あるいは国際語として使われています。しかし、これが「コンピューター」のようにカタカナに置換わると、「コンピュータ」のように音引きしない場合もあり理解しづらくなるようです。 (さらに…)

続きを読む